シンガポールで自宅出産

日本で3人(うち2人水中出産)シンガポールで1人自宅出産した記録です。

水中出産の利点

イタリア、オーストラリア、アメリカでの研究報告を幾つか読んでみました。

 

生まれるまでの時間が短くなる

会陰損傷が少ない

痛みが少ない

 

だそうです。

いずれの場合も、医療的な利点が確認されたと結論付けていました。(と言っても同じ研究ないで感性症などのリスクについては調査されていないので、あくまで調査した項目からそう言えるということだと思います。)

イタリア、オーストラリアの研究がされた病院は研究の同意が取れた分だけでも数年間で500件近い水中出産例を扱っていました。(だからと言って全土で普及しているとは限りませんが)日本だと病院やクリニックで水中出産のできるところってそんなに多い印象はないのですが、どうなんでしょう。

 

どの施設でももっと選択肢が多いといいなぁと思います。

そもそも「フリースタイル」という言葉がなんだか空々しいというか。

 

分娩台で産むのは医療者側の管理がしやすいからで、決して出産しやすい体勢ではありません。医療上の必要があって、分娩台を利用するのは合理的ですが、基本は「フリースタイル」の出産であるべきだから、「フリースタイル」を選べるというのが、前近代的な響きに聞こえてしまいます。

 

水中出産を経験した身としてはもっと広まって欲しいなぁと思うのでした。